入居者様と同じ目線に立ち、
一人ひとりの力になりたいです。

特別養護老人ホーム やすらぎの里
楠田 里恵Rie Kusuda介護福祉士

Interview

自分のやりたいことを実現できると感じて

もともと人の役に立つことをしたかったということから、介護業界に興味があり専門学校へ進学しました。
そんな中、こちらでボランティアに参加させていただいたことがきっかけになりました。その時は施設で夏祭りの行事をしており各フロアで屋台を出したりしていて、入居者様もスタッフの方も笑顔でとても楽しそうに参加されているのを見て、自分もここの施設で働いてみたいと強く思い選びました。

長い時間を一緒に過ごすからこそ
築ける信頼関係

私が思う魅力の1つとしては、ユニットケアであることだと思います。
入居者様の一人ひとりの状態に合わせたケアをすることができ、人数も10人ずつのためスタッフと入居者様との距離が近く、自然に一人ひとりと関わる時間が多くなるので信頼関係を築きやすいと思います。
また、スタッフ同士の年齢層はバラバラなのですが何でも相談でき、プライベートでも仲が良いです。

Schedule

8:00始業

朝食、服薬、トイレ案内、口腔ケア、記録

10:00

ティータイム

11:20

口腔体操

12:00

昼食、服薬、トイレ案内、口腔ケア、記録

13:30

ミーティング

15:00

おやつ、トイレ案内

17:00終業

終了

Message

日々挑戦しながら学び、
成長できる

スタッフの方々は話しやすい方ばかりで、毎日楽しく仕事に取り組むことができています。
専門学校を卒業して、初めてつく現場で最初は上手く介助ができず、自分よりも背の高い方の介助なども慣れるまでは大変で葛藤の日々でした。でも先輩方に丁寧に指導していただき、できることも少しづつ増えて支えることもできるようになってきました。
今では休日の次の日などに入居者様から「待ってたよ」と言っていただくこともあり、そんなあたたかい施設での仕事にとてもやりがいを感じています。